機能

アメブロ自動いいねツールとしてのアメーバキングの良さ

アメブロ自動いいねツールが、最近話題になっていますね。

 

2013年11月20日頃から、アメブロの「ブログ記事から」のペタが無くなりました。

代わりに登場したのが「いいね!」ボタンです。

 

アメブロ自動いいねツール

 

おそらくほとんどの人が「いいね!」にはフェイスブックのイメージを持っており、同じような使い方をされることが想像されます。

 

つまり、その記事に対して好印象や共感した時にいいねボタンを押すという感じでしょう。

 

 ペタはどちらかというと「ブログ見ましたよ」という意味合いが強かったので、

単純に比較してペタよりもいいねの方が相手を喜ばすことが出来ます。

 

 

相手に喜びを与えるのは集客アプローチの基本なので、今回の仕様変更は非常に良い改善と言えるでしょう。

 

 

しかし一つ問題が。

それは今まで自動ペタツールを使用していた人です。

 

従来のペタツールには自動いいね機能は搭載されていませんので、
より効果的な集客法である「いいね!」を自動で付けることができません。

 

ペタの影が薄くなってしまった現在、高いレベルでの集客を行うならいいねは外せませんよね。

 

いいねの上限はペタより少ない300件ですが、

ペタ500件より、いいね300件の方が効果的ですから。

 

 だからこそ、ペタよりもいいねを優先してつけたいところですが、

従来の自動ペタツールではそれが出来ない・・・

 

 

ですが、そこはツール開発者の方々もさすがです。

さっそく自動いいねに対応しているツールが出始めています。

 

その一つが当ブログでも紹介しているアメーバキング2です。

では、アメーバキング2の自動いいね機能の詳しい使い方を見てみましょう。

 

 

アメーバキング 自動いいね機能の使い方

 

まずは、いいねしたいブログのIDを抽出します。

ID抽出には下図のように様々な方法があります。

 

ID抽出2

 

 

今回は「キーワード」で抽出してみました。

やり方は以下のとおりです。

 

キーワード検索の仕方

 

 

IDが抽出されたら、いいねタブをクリックし、間隔やいいねする数を決めて「いいね開始」を押すだけです。

 

いいね手順

 

非常に簡単です。

たったこれだけの作業で自動でいいねしてくれます。

本当に楽ですよ^^

 

 

アメーバキングの自動いいね機能は、

 

・抽出できるIDが豊富

・除外リストにも対応し、いいねしたくないブログを除外できる

・操作が簡単

 

と、とても使いやすく出来ています。

 

 

繰り返しますが、今後のアメブロ集客はペタではなく、いいねが主流になります。

 

時間を有効活用したい方は、ツールを早めに導入しましょう。

⇒アメーバキングの詳細と特典はこちら

 

 P.S

元々アメーバキングの自動いいねには少々使いにくい点がありましたので、この記事の中でその部分を批判していました。

 

しかし、記事をご覧になった開発者の山田様が早速修正して下さりました。

 

このような対応の早さもアメーバキングが信頼できるポイントの一つですね。

 

様々に変わるアメブロの仕様変更に即対応して、その時点でのベストのツールになる。

 

時は金なり。

 

対応が早ければ、ライバルより一歩先をいけるってもんです。

 

対応力はツールを選ぶ時の重要なポイントです。

 

 

アメーバキングを使ってアメブロのペタ返しする方法

アメーバキングを使ってアメブロのペタ返しする方法

 

アメーバキングを使えば
ペタ返しが楽々出来ちゃいます。


ペタ返ししたくても、時間がなくて出来ない人は
ぜひ、この方法を活用して下さい。


【アメーバキングを使ってペタ返しする方法

 

やり方はとっても簡単です。


まず、アメーバキングのID抽出機能を使い
「ついたペタ」でID抽出します。


 ペタ返し

 

あとは、自動ペタ機能を使いどんどんペタするだけ。

 

ペタ返し2

簡単ですね^^

 

この時、条件設定で「ブログから」を選ぶと良いです。

 

プロフィールやなうよりも喜ばれますので。



ペタ返しは、リピーターを作るきっかけになります。


ペタ返しを気にしてる人は、
またペタ返しするために訪問してくれますからね。


「ペタ返しの為だけに訪問してもらっても意味がない」
こう仰る方もたまにいます。


言いたい事はわかりますが、それは間違いです。


ペタ返しはただのきっかけ。
ゴールじゃなくてスタートなんですね。


たとえ、ペタ返しのみのために訪問したとしても
気になる記事が目に留まれば、ついつい読んでしまうでしょう。


そういうとこからブログをちゃんと読んでもらうきっかけが生まれるんですね。


とにもかくにも、訪問してもらわなければ何も始まりません。


そう考えると、ペタ返ししてもらうのは大いに結構なんです。




しかし、一日に何十何百のペタを返すのは正直しんどいですよね。


手動で返していたら、何時間も掛かります。


そこは、アメーバキングを使い楽をしちゃいましょう。


アメーバキングのペタ機能は自動で500件。


しかもスパム行為にならないような安全な機能付きです。


詳細は、こちらから確認できます。
⇒アメーバキングの自動ペタ機能


【まとめ】
アメーバキングを使えば自動でペタ返しが出来る

 

 

アメーバキングのバックアップで満足しちゃダメ

アメーバキングのバックアップだけで満足しちゃダメ

 

アメーバキングには、あなたのブログを守るとても便利な機能がついてますね。

 

そう、「ブログのバックアップ機能」です。

 

アメブロでアフィリエイトなどの商用利用をするなら
常に削除の危険がつきまといます。

 

そんな事情を考えると、もはやバックアップは必須。

 

アメーバキングの購入動機に
「バックアップ機能も付いているから」を挙げる人も少なくありません。

 

 

アメーバキングのバックアップ機能は初心者でも安心の超簡単作業。

バックアップの項目と期間を決めて実行ボタンを押すだけ。

バックアップ

 

むずかしい操作など一切必要なく
言ってしまえば小学生だって出来ます。

 

 

 

そんな便利なアメーバキングのバックアップ機能ですが
使い方を間違えると、大やけどします。

 

「アメーバキングのバックアップは、どこまでバックアップしてくれるのか?」

 

これをきちんと把握しておかないと、大変なことになっちゃうんですよ。

 

 

アメーバキングのバックアップはどこまで出来るのか?

 

アメーバキングでバックアップできるのは、

 

・基本情報の設定

・ブログデザインの設定

・ブログ記事

 

非常に優秀なバックアップ機能を備えていますので、

ブログ情報、プロフィール情報のほぼ全てを自動でバックアップ可能です。

 

 

しかし実は、自分でバックアップを取っておくべき項目があります。

 

それは、読者一覧とお気に入りブログ

 

ここを把握してなく、「アメーバキングでバックアップしておけば安心♪」
なんて思っていたら、削除されてから痛い目に会います。

 

 

読者やお気に入りブログのバックアップを取っておくと
削除されても、元の読者さんにすぐ新ブログのお知らせができます。

 

一度読者になっていただいた方ですので、また読者になってくれる可能性が高く
読者集めがかなり楽になります^^

 

ただし、これらのバックアップは、通常ものすごく時間がかかります。

 

しかし、アメーバキングを使えば、一瞬でバックアップが取れちゃうんです。

 

やり方は、次の記事で確認してください^^

 

【まとめ】
読者とお気に入りブログは自分でバックアップすること

 

アメーバキングを使った読者バックアップの取り方は
こちらを参照ください。
読者バックアップの取り方【図解付き】

 

 

アメーバキングの間違った使い方|定型文のメッセージはダメ

アメーバキング間違った使い方|定型文のメッセージはダメ

 

バツ

 

アメブロの読者を増やすには、読者登録をたくさんするのが一番。

 

また、読者登録の後にメッセージを送ると、より一層効果的です。

 

しかし、こんなメッセージの使い方をしていては、逆効果ですよ。

 

 

【定型文のメッセージ】

 

アメーバキングには、メッセージ自動送信機能がついています。

 

この機能を使うと、あらかじめ作ったメッセージを画像認証だけでどんどん送れます。

 

使いようによっては、とても便利な機能。

 

しかし、明らかに間違った使い方をしている人が多いです。

 

 

最も多いのが、読者登録後のメッセージ。

 

定型文で、全員に同じメッセージを送っている人が大量にいます。

 

例えばこんな感じ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

○○さん初めまして。

△△と申します。

○○さんのブログを拝見させていただきました。

興味がありますので、読者登録させていただきます。

よろしければ、相互登録お願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

これってどうですか?

 

全員に同じメッセージを送っているってバレバレですよね。

こんなメッセージなら、効果半減です。

 

メッセージは、ちゃんと相手のブログの感想を書きましょう。

 

 

手間が掛かるのはわかります。

時間がないのもわかります。

面倒くさいのもわかります。

 

でも、長い目で見ると、その方が絶対にファンが増えます。

結果、収入に結びつきます。

 

 

ブログの先には、人がいます。

その人は、誰かに読んで欲しくてブログを書いています。

 

読んで欲しいと思っている人に、読んだことを伝える。

単純ですが、こうやって相手にまず喜びを与える事が大事なんですね^^

 

 

人ってけっこう単純ですよ。

 

昔、保険の営業マンをしてたことがあります。

 

生命保険の見積りで、他社と相見積もりになった時の事。

 

内容・料金ともに、正直言って他社の方が上でした。

 

客観的に見て、勝てる要素は一つもなかったんですが
最終的に契約をいただけました。

 

 

 

後日、なぜうちで契約したのか
それとなく尋ねてみたんです。

 

返ってきた返事は
「たくさん話を聞いてくれたから」

 

聞くと、他社の営業マンは、自分の主張ばかり話して
営業マンが考える、最適なプランを勧めてきた。

 

対して私は、お客様の話をよく聞いていた。

 

結果的に言うと、出来上がったプランは、ほぼ同じ内容。

 

その上で、保険料は相手の方が安く、内容も少しうちより良い。

 

それでも、お客様は私を選んでくれました。

 

 

 

別に私は、スーパー営業マンではありませんでした。

これは、たまたまそういうお客様だったのかも知れません。

 

でも、自分の話を聞いて欲しいっていう願望は
誰でも持っていますよね。

 

私は、その願望を満たしただけ。

それで契約が取れました。

 

 

例えば、路上ミュージシャンは、誰かに聞いて欲しくて歌っています。

 

もちろん、スカウトされ、プロになりたいっていう思いもあるでしょう。

 

でも、そんな損得計算よりも
「誰かに聞いて欲しい」っていう感情が先にあるのではないでしょうか?

 

ブログでも一緒です。

 

みんな、誰かに読んで欲しくてブログを書いているんですから。

 

読者登録後のメッセージには
読んだ事が伝わるようなブログの感想を入れましょう。

 

相手の感情を制すれば、物は売れます。

 

【まとめ】
定型文のメッセージは送らない

 

 

 

アメーバキングのニックネーム自動挿入は使わない

アメーバキングのニックネーム自動挿入は使わない

 

ダメ

 

アメーバキングの機能の一つに「ニックネーム自動挿入」があります。

 

これは、コメントやメッセージを送る際
相手の名前を読み取り、自動的に文章の中に入れられる機能。

 

アメーバキングで読者登録した後、メッセージを送る方は多いですが
この機能は使っちゃいけません。

 

「どうして使っちゃいけないの?」
「名前を入れた方が自然でしょ?」

 

確かに名前を入れた方が、親近感を生みます。

 

名前を入れる事そのものは、良いと思います。

 

ただし、アメーバキングのニックネーム自動挿入機能は使っちゃダメ。

 

この機能を簡単に説明すると、

・自動メッセージ文中の好きな箇所に相手の名前を入れられる
・挿入する名前は、ニックネーム全部か@を境いに左のみor右のみを選べる

 

実はこれですね、穴が多すぎるんですよ。

 

アメーバキングの名前自動挿入は不自然

 

ニックネームって、大きく分けて3種類です。

 

【名前のみ】
(例)アフィえもん、タケシ、山田、momo

 

【肩書きのみ】
(例)アメーバキングの達人、愛の伝道師、21才フリーエージェント

 

【肩書き+名前】
(例)アメーバキングの達人@アフィえもん、タケシ@愛の伝道師、21才フリーエージェント山田

 

肩書きは、個人的な肩書きだけじゃなく
店名や業種が入ることもありますね。

 

これらのニックネームに対して、アメーバキングでメッセージを送った場合
どうなるのか見てみましょう。

 

 

 

@より右を自動挿入の場合

 

①「アフィえもん」に送った場合

アフィえもんさん、こんにちは。
ステキなブログなので読者登録させていただきました。
どうぞよろしくお願いします。

 

②「アメーバキングの達人」に送った場合

アメーバキングの達人さん、こんにちは。以下略。

 

「タケシ@愛の伝道師」に送った場合

愛の伝道師さん、こんにちは。以下略

 

 

@マークより左を自動挿入の場合

④「アフィえもん」に送った場合

アフィえもんさん、こんにちは。以下略。

 

⑤「21才フリーエージェント」に送った場合

21才フリーエージェントさん、こんにちは。以下略。

 

「21才フリーエージェント@山田」に送った場合

21才フリーエージェントさん、こんにちは。以下略

 

 

どうでしょうか?

③と⑥の、「名前もあるのに肩書きのみ挿入されたケース」
かなり不自然ではないでしょうか?

 

②、④は特に問題ないと思います。

元々肩書きしか書いてない人に対してですから。

 

 

でも、③、⑥は肩書き+名前の人に対してなのに
名前の方を省いちゃうって、普通に考えてありえないですよね。

 

アメーバキングのニックネーム自動挿入は
不自然さが出ること前提なんです。

 

 

もちろんニックネームを入れる事で
自然な感じが出る事を狙って作られてるんですが、私に言わせれば全くの逆効果。

 

ツールを使ってるとバレないための機能が
逆に仇になっちゃってるんですね。

 

「アメーバキングは、ニックネーム挿入機能がついてるから自然な感じが出ますよ~」

 

とか言って、購買意欲を高めようとしているアフィリエイターは多いですが
正直私には信じられません。

 

本当に、これで自然だと思っているのでしょうか?

 

 

 

さらに言うなら、肩書きやニックネームには
業種や話言葉が使われているケースも多いんです。

 

「美容室@amebaking」とか「アメーバキングの使い方教えます」とか。

 

「美容室さんこんにちは」
なんて挨拶どう考えてもおかしいですよね(笑)

 

 

しかも、こういうニックネームの人って
記事の冒頭で「こんにちは。田中です。」とか挨拶してる人が多いんですよ。

 

そこを思いっきり無視して

「アメーバキングの使い方教えますさん初めまして」
とかやっちゃってるわけです(笑)

 

これでも不自然じゃないって言えますか?

 

ニックネーム自動挿入を使わなくてもちゃんとメッセージは送れます。

 

不自然なメッセージを送って嫌がられるくらいなら
ニックネームなしで挨拶した方が100倍ましですね。

 

【まとめ】
アメーバキングのニックネーム挿入機能は使わない


まだまだあるぞ。
アメーバキングの間違った使い方!

これやってたら読者さんの信頼は得られません


これについて、批判的な記事を書いているブログは多いですね。
本当にみんな嫌がってるんだなと感じます。

 

 

読者登録はこちら


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank