アメーバキングの読者メンテナンス|この使い方はダメ!

 

読者メンテナンスとは
アメーバキングを代表する非常に便利な機能。

 

相互読者になってないブログや
更新が止まったブログを一瞬で読者解除できる機能です。

 

この作業は通常なら数時間かかりますが
アメーバキングを使えば、数回のクリックで自動で行えます。

 

この便利な読者解除機能。

残念なことに、間違った使い方をしている人が大勢います。

 

あなたは大丈夫ですか?

以下の使い方をしているようなら、まずいですよ。

 

 

アメーバキングの読者メンテナンスだめな使い方

 

アメブロのアクセスアップに欠かせない「読者メンテナンス」。

でも、こんな使い方をしては、逆効果です。

 

【相互になっているブログを解除する】

 

基本的に、読者メンテナンスというのは
相互読者になっていないブログを解除するものです。

 

あなただけが一方的に読者になっているブログを解除するんですね。

 

勘違いして欲しくないのですが、「基本的に」です。

更新されてないからなど、例外はあります。

 

 

あなたの読者にならなかったということは
あなたのブログには興味がないという事。

 

あなたのブログは、必要ないという事。

 

それならば、必要としてくれる別の人にアプローチしよう。

 

自分は自信を持って、役に立つことを書いているのだから
必要な人に、情報を届けてあげよう。

 

読者メンテナンスとは、本来このような趣旨のものです。

 

 

 

アメーバキングは、手動でやると何時間
下手したら何日も掛かるその作業をたった数クリックで終わらせてくれます。

 

しかし、そのアメーバキングの便利さを悪用して
相互になっている読者さんまで解除する人が数多くいるんですよ。

 

もうね、アホらしくてびっくりします。

パソコンの向こうに人がいる事が、全く見えてないんですね。

 

もう読まなくなったから読者解除する。
別にこれなら良いんです。

これは普通の事です。

 

でも、間違っている人は
読者登録して1週間も経たないうちに、解除するんですね。

 

それは無いでしょって話です。

 

 

 

しかも、そういう人に限って、相互のお願いをしてきます。

お願いされたから、快く相互した人の気持ちは無視ですか?

 

 

これを例えるなら、ちょっと言葉は悪いですが
男女関係における「やり逃げ」と一緒です。

 

する前は、好きだ好きだ付き合おうと甘いことを言っておきながら
した後は、確信犯的に逃げていく。

まぁ、最低な行為ですよね。

 

 

 

さらにびっくりする事があるんです。

またしばらくしたら、読者登録にやってくるんですよ(笑)

 

で、また相互のお願いをするわけです。

もうここまで来ると、アホすぎて笑うしかないです。

 

 

あなたは、こんな事はしないでしょうが、
こんな使い方をしては、せっかくのアメーバキングも意味がないです。

 

お金をドブに捨てているようなものですよ。

必死こいてアンチを量産してるんですから。

 

 

 

アメーバキングは高機能ですが、言ってしまえばただの道具。

 

包丁は、上手に使えば美味しい料理を作り出しますが
おかしな使い方をすれば、人を傷つけます。

 

せっかくお金を払って使っているものです。

正しい使い方をして、しっかりと成果を出してくださいね。

 

【まとめ】

相互になっているブログは基本的に削除しない

間違った使い方をすれば嫌われる

 

 

他にもアメーバキングの間違った使い方は、まだまだたくさんあります。

 

アメーバキングを宝の持ち腐れにしないために
正しく効果がある使い方をしましょう。

 

全ては、アフィえもんのオリジナル特典

「次元が違うアメーバキングの使い方」

にまとめていますので、興味のある方はご覧ください。

 

次元が違うアメーバキングマニュアルを見る

アメーバキング オリジナル特典

 

 

 

コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

読者登録はこちら


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank