アメーバキングを使う前に~記事の書き方

 

アメーバキングを使う前に
ブログの内容を充実させておく必要があります。

 

これは、読者登録してもらうためでもあるのですが
新規客から、リピーターになってもらうため
です。

 

ここがちゃんと出来てなく、見せかけの読者さんばかり増えて
実際はアクセス数が頭打ちになっているブログは、腐る程あります。

 

 

アメーバキングを使えば、
読者さんも増えるし、確実にアクセスアップはします。

 

しかし、アメーバキングを使ったアクセスアップの要因は、
新規の訪問者が多いのです。

 

あなたのブログジャンルに興味を持つ人の数には上限がありますので
新規訪問者を永遠に集め続けるのは、不可能ですよね。

 

なので、新規ばかりに頼るとアクセスも一定以上伸びないし
売上も上がりません。

 

逆に、新規で訪れた人が、高確率でリピーターになってくれる。

 
こんなブログだと、売上を伸ばし続けることが可能なんですね^^

 

 

そこで今日は、リピーターを増やすために最も重要な
「記事の書き方」
をご説明します。

 

リピーターを増やす記事の書き方は
いたってシンプルです。

 

「読者さんの役に立つ情報を書く」

 

役に立った、面白い→また読みたい
リピーターになる理由って、これだけなんですよ。

 

読者さんの役に立つ記事を書き続けていれば
リピーターなんて、勝手に増えていきますよ。

 

役に立つ記事ってどんなの?

 

役に立つ記事を書きましょうと言われても
どんな記事が役に立つかなんてわからないですよね。

 

そんなあなたの為に、具体的な書き方を詳しくご説明します。

 

悩みを解決する

 

人はみな、色々な悩みを抱えながら生きています。

 

仕事の悩み
お金の悩み
恋愛の悩み
人間関係の悩み
健康の悩み

 

悩みの種類は色々ありますが
どんな悩みであれ、悩み解決のためなら、サイフの紐もゆるくなります。

 

役に立つ記事を書き、リピーターを増やしたいなら
悩みの解決方法を記事にしましょう。

 

 

疑問を解決する

 

悩みと方向性は似てますが、もう少し軽い感じです。

 

あなたは今のブログテーマに関して
多少なりとも詳しいかも知れません。

 

でも、そんなあなたでも初心者の頃は必ずあったし
わからなかった事も色々あったはずです。

 

その時疑問に思った事と答えを書けばOKです。

 

ポイントは、「ちょっとした疑問でも書く」こと。

 

こんなの常識だよなーとか
こんなこと書くの恥ずかしいなーなんて思う必要はありません。

 

今のあなたにとっては当たり前の事でも
昔のあなたが知らなかったように、その事を知らない人はたくさんいます。

 

そんな人に向けて書けば
これ以上ない「役に立つ記事」になります。

 

疑問が浮かばない時は、「質問サイト」を参考にしましょう。

 

ヤフー知恵袋
教えてGoo

 

色んな質問が寄せられていますので
その質問に対する答えを記事にすれば良いだけです^^

 

 

お得な情報

 

悩みや疑問が、マイナスからのスタートだとしたら
お得な情報は、ゼロの状態からプラスに持っていくイメージですね。

 

言うまでもなく、お得な情報というのは本当に喜ばれます。

 

誰だって得をしたいし、楽をしたいものですよね。

 

ただし、お得情報の多くは鮮度が大事。
そこには注意してくださいね。

 

鮮度が関係ない情報なら
便利なものを紹介する
などが一般的です。

 

アフィリエイトブログなら、無料ツールやサイトの紹介など。

 

読者さんが望んでるものは何なのかをしっかり考えて紹介してください。

 

 

最初の話に戻りますが、

 

アメーバキングを使って集めたアクセスを継続的なアクセスに変えるかどうかは
記事の質に懸かっています。

 

記事の質を高めるほどブログに割く時間がない人も、ご安心ください。

 

アメーバキングを使うことで、圧倒的に時間効率がよくなりますので
節約した時間を使い、記事の質を高めてください。

 

普段、時間がなくてあまり考えながら書けない人でも安心ですね^^

 

まとめ】
新規読者からリピーターに変えよう
読者さんの役に立つ記事を書く

 

新規読者からリピーターに変えるためには
⇒このやり方が非常に重要です。

 

ここを理解してないと
アメーバキングをどれだけ使っても成果はでません。

 

 

コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

読者登録はこちら


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank