アクセスアップする更新時間帯

 

アクセスアップには、記事の更新が欠かせません。

 

記事を更新すると、読者さんのマイページに更新情報が表示されます。

 

 

表示されたブログタイトルや記事タイトルを見て、

興味のある人は覗いてくれますので、アクセスアップするんですね。

 

でも、ただ更新すれば良いってもんじゃありません。

アクセスアップしやすい、タイミングがあるんです。

 

アクセスアップしやすいタイミングとは?

 

仮に、マイページに表示されるのが、夜中の3時だったらどうでしょう?

 

その時間帯にログインしている人は、少ないと思いませんか?

 

では22時だったら?

 

深夜3時と22時。

 

どっちがより多くの人の目に留まるかは、考えるまでもないでしょう。

 

多くの人がパソコンを見ている時間帯に更新することで
アクセスアップの確立がグッと上がるんですね。

 

 

では、どの時間帯に更新するのが良いのか?

 

一般的にパソコンを見ている人が多い時間帯は21時~23時と言われています。

 

以下は、インターネット白書による、利用時間帯の統計データです。

 

 

まずは、この時間帯を狙うのが一つの手でしょう。

 

ただし、当然ライバル達も、その時間帯を狙って更新してきます。

 

いや、特に狙って無くても、更新している人は必然的に多いんです。

 

だって、その時間帯にパソコンを触っている人が多いんですもん。

 

食事が終わり、風呂に入って一息つくリラックスタイムなんですね。

 

自分より後に更新する人が多いと、
自分のブログはどんどん下に追いやられ、見られなくなっちゃいますよね。

 

それを避けるために「ピークの直後に更新する」のも一つの手です。

 

これは、逆もまた然り。

 

ピークが来る前に更新しておいて、
「アメブロにログインした人の目にすぐ飛び込むようにする」
のもアリですね。

 

その辺りは、色々試しながら変えてみると、コツがつかめると思います。

 

ターゲットに合わせて更新時間を変える

 

ターゲットの活動時間帯に合わせて、
ピンポイントで狙いに行くのも良いでしょう。

 

主婦、サラリーマン、老人、学生では、それぞれ活動時間帯が違いますよね。

 

学生なら、早ければ夕方にはパソコンの前にいますが、
サラリーマンは、まだ会社の中です。

 

主婦なら、朝の忙しい時間帯を終えて10時くらいからパソコンを開く人が多いですが、仕事をしている人は、そうじゃないですよね。

 

通勤の車内から、スマホでブログを見るサラリーマンはたくさんいますが、
主婦にそれは当てはまりません。

 

このように、ターゲットによってブログを見る時間帯は違うのです。

 

自分のターゲットは誰か?

それを良く考えて、更新の時間を変えましょう。

 

【まとめ】
基本は21時~23時に更新
ターゲットの活動時間に合わせて更新時間を変える

 

記事の更新によるアクセスアップは、時間帯だけじゃなく、頻度も大事です。
⇒更新頻度を簡単にあげるには?

 

 

コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

読者登録はこちら


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank