アメーバキングを使う前に~ブログテーマの決め方

 

アメーバキングを使う前に、まずはコンテンツを充実させる必要があります。

 

いくらアメーバキングでアクセスを集めても
ブログの内容がひどければ物は売れませんからね。

 

ブログを充実させるために、最初に決めなければいけない事は

「何のブログを作るか」

 

すなわち、ブログのテーマです。

 

ここがあやふやなまま始めると
記事に一貫性がない、ただのごちゃ混ぜブログになっちゃいます。

 

こうなると、いくらアメーバキングでアクセスを集めても
収入には繋がらないわけです。

 

 

 

ブログテーマの決め方には複数のパターンがありますが
成果を出しやすいブログというのは商品と見込み客が絞られているブログです。

 

これは、アメーバキングを使う使わないに限った事ではないのですが
アメーバキングを使うと特に成果が出やすく、とても大事なポイントです。

 

アメーバキングを使うメリットの一つに
「狙った見込み客に対して、どんどんアプローチできる」というのがあります。

 

別にアメーバキングを使わなくても
アメブロなら、見込み客に対してのアプローチは出来ちゃいます。

 

しかし、アメーバキングを使うと圧倒的に作業スピードが変わってきます。

 

 

ブログのテーマを決める際に1番重要なのは、

「誰に何を販売するか?」

これは、必ず決めましょう。

 

 

ブログテーマを決める時の切り口

 

ブログのテーマを決める時の切り口は色々ありますが
大体のパターンは決まっています。

 

【①自分の好きな事、詳しい事を書く

 

これは、続けやすいのでブログ初心者にはおすすめです。

 

ただし、読者さんが読みたいと思う内容じゃなければいけません。
ダラダラと日記を書いてはダメですよ。

 

全てに共通して言えますが
「自分が書きたいこと」ではなく「読者さんが知りたいこと」を書きましょう。

 

いくら自分が好きなことでも、誰も知りたくない、ニーズがないテーマなら
当然、誰にも読まれない自己満足なブログで終わります

 

 

【②とにかく商品ありきで決める

 

上とは逆パターンで、興味があろうがなかろうが、販売する商品を先に決めて
それからブログテーマを決める方法です。

 

順番としては、

1、商品(ジャンル)を決める
2、見込み客は、どんな人か考える
3、商品と関連するテーマで、なおかつ見込み客に喜ばれそうなテーマを考える

こんな感じです。

 

売りたい商品、または商品ジャンルさえ決まってしまえば
後はトントン拍子で決まります。

 

 


【③見込み客を最初に決める】

 

あまり使った事がないパターンですが、こんなやり方もあります。

 

これで行くなら、自分と近い人にしましょう。
世代、性別、職業、などなど。

 

似ているところがあると、共感を産めます。

 

共感は、非常に大きな武器になりますので
近い人を選ぶのはとても大事です。

 


【④人気のある(ない)ジャンルから決める】

 

商品よりも少し範囲を広げて
まず人気のある(ない)ジャンルから決めてしまおうというやり方です。

 

人気のあるジャンル(金儲け、ダイエットなど)は
収入に繋がりやすいです。

 

しかし、ライバルが多く競争が激しいデメリットがあります。

 

反対に、人気がないジャンルは
ライバルは少ないけど、見込み客の絶対数も少ないです。

 

どちらも一長一短ですね。

 

 

 

実際には、一つのやり方で決めるわけではなく、同時に考えながら決めますが
先ほども言ったとおり、「誰に何を販売するのか?」

 

これが一番大事なことなので、ここは絶対に考えてください。

そうすることで、アメーバキングが何倍もの威力を発揮します。

 

大まかにテーマが決まったら
本当にそのテーマで良いのか、ニーズを調べましょう。

 

がんばってブログを作ったは良いけど
誰も読みたくないテーマだった、なんて事になったら目も当てられませんからね。

 

【まとめ】
誰に何を売るのか考えよう
読者さんが知りたい事を書こう

 

 

 

コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

読者登録はこちら


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank