アメーバキングのペタはツールなのに嫌われない

 

アメーバキングのペタは、ツールなのに嫌われません。

 

もちろん上手な使い方をしなければいけませんが
そもそも機能的に無料のペタツールとはモノが違うんです。

 

まず、ツールでのペタがなぜ嫌われるかについて考えてみましょう。

 

 

【ツールのペタはなぜ嫌われるか?】

 

自動ペタツールで行われるペタが嫌われる理由は
ブログを読んでもいないのにペタしてるから

 

ペタは訪問の証ですからね。
訪れてもいないのに、ペタだけされても嬉しくないわけですね。

 

 

では、なぜツールのペタだとバレてしまうのか?

 

無料ペタツールで多いのが、「場所の表記がないペタ」です。

 

ペタ帳を見ると、どこからペタされたのか、表記されます。
これは、普通にペタをつければ必ずです。

 

ただ、中には表記がないペタもあります。

実は、表記がないのは、ツールで付けたペタなんですね。

 

アメブロ ペタ 表記なし

 

ぺタをつける場所で一番良いのは「ブログから」です。

 

この理由は、「相手がされて嬉しいことをする」って事です。

 

誰だって、記事を読んで欲しくてブログを書いていますからね。
ブログからのペタが嬉しいのは当然ですよね。

 

 

 

逆に一番やってはいけないのが、表記なしのペタ。

 

理由は簡単。
相手がされて嫌なことをしないため。

 

もう少し具体的に言うと

ツールでぺタをしてると思われないためです。

 

ツールでペタされたなんて思われたら・・・
どうなるかわかりますよね。

 

2度と相手してもらえませんよ。

 

 

 

では、なぜ表記なしでペタする人が、こんなにも多いんでしょう?

 

これは、無料のペタツールには
ブログ記事からぺタできる機能がないからなんですよ。

 

大体が「表示なし」か「プロフィールから」ですね。

 

はっきり言って、無料のペタツールを使うなんて
嫌ってくれって自分から言っているようなものです。

 

無料ペタツールを使うのは、絶対にやめましょう。

 

 

アメーバキングのペタは場所が選び放題

 

もちろん、アメーバキングを使えばこの問題は解決します。

 

アメーバキングのペタ機能なら、ペタする場所は選び放題。

 

ちゃんと「ブログから」もできますのでツールのペタだとバレません。

 

ペタする場所一つで、反応は驚くほど変わります。

 

好かれるペタを500件つけるか
嫌われるペタを500件つけるか。

 

一ヶ月で15000ペタです。

 

どれだけ大きな違いになるかは想像に難くないでしょう。

 

【まとめ】
無料ペタツールは使わない
ペタはブログからつけよう

 

もっと上手にペタをする方法が知りたい方は
アメーバキングの効果的な使い方~ペタのつけ方

 

 

 

コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

読者登録はこちら


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank